balcony

blog

おジャ魔女どれみ 20th

20th Anniversary

「おジャ魔女どれみ」が今年で20周年だそうですね。アニバーサリーのホームページも可愛いし、11月に記念映画の上映も決まっていてお祝いムードです。
私も24歳なので、まさにおジャ魔女世代。いい機会だと思って一話から見直しています。Amazon prime様さまです。

ストーリーは覚えていなくても音や響きはよく覚えているもので、小さい頃に憧れた魔法少女のわくわく感が、この歳になっても感じられるとは思いもしませんでした。

そういえば、NHKで放送されている「グレーテルのかまど」という料理番組でも、「愛しのトゥルビヨン」の回でおジャ魔女どれみが取り上げられていました。真っ赤でつやつやしていて、ロールケーキのうずまきが可愛いケーキです。
たくさんのお菓子が登場しますが、トゥルビヨンは本当に印象深いケーキで、とても記憶に残っています。

とにかくカラフルで可愛い

おジャ魔女ドレミはキャラクターやアイテムがとても可愛いですね。小さい頃はおんぷちゃんが好きでしたが、今はあいこちゃん派です。

懐かしくなって持っていたおもちゃなんかも調べていたのですが、「パティシエ日記」という、レシピブックみたいなおもちゃがあり、懐かしー! これめっちゃ好きだった! と思い出に浸っています。

レシピブックを開くと顔がついていて、喋るとカシャカシャ音を出しながら口が動くんです。顔がゴムっぽい素材でできていたと思うのですが、よく口に指を突っ込んでいました。

あんな動くおもちゃ、なかなかお値段がしたのでは……と調べてみたら、9,350円という情報が出てきました。ひぇ~~! おもちゃって高い!
きっとすごく欲しがって、誕生日かクリスマスにでも買ってもらったのでしょうね……感謝しかありません。

クルールポロン、見習いタップ、リズムタップは持っていましたね。ペペルトポロンもあった気がしますが、なぜかこれだけ定かではありません。

おジャ魔女どれみのアイテムは、どれもカラフルでつやつやで、子どもの頃本当に本当に大好きでした。
あと、おもちゃは音が出るだけじゃなく、魔法玉が取り出せたりだとか、レシピブックなら文字を入力するとそれに合わせて喋ったりだとか、そういういろいろできる工夫があって、それがすごく好きだったなあ、という思い出です。

まだ「おジャ魔女どれみ」の26話までしか観れていませんが、引き続き懐かしみながら、大人になったからこそ楽しめる部分を見つけて楽しみたいと思います。

add comment